Topics

内部SEOを意識したwebサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
21-08

みなおなじように勝ち組のポータルサイトはロングテールタイプのSEO対策を駆使して、ユーザーをまるで地引網をひくように、ごっそりさらってるのです。結果TOPページにその力は伝染しますから、相対的に検索順位も上がる傾向にあり、コストパフォーマンスがビッグキーワード、ミドルキーワードで勝負する際にも高くなります。

狙うスモールキーワードを各ページにたいして定め、内部対策をしていけばいいのです。検索回数が例え少なくも、アマゾンの例をあげるまでもななく、絞り込みの効いたキーワードならば成約の割合が高峻ので、多くのコレまで集客できてなかった、新規見込み客(潜在クライアント)の獲得が可能になります。

指定席のように永遠にまるで上位にランクインしてるだろう錯覚してしまうのです。上位化をビックワードで達成をして、問合せが安定して、売上が安定すると、そこで安心をして大抵のお客様が手をゆるめてしまいます。

またSEO対策をページ毎に行うことで、ウェブサイトの質がそのwebサイト全体の品質が上がり向上をします。あしたどーなるか、SEOの世界は実に分からないの世界なのです。

どんなに螳檎挑に仮にSEO対策を施しても、確実に1年後、2年後上位をキープしているという保障は無しのデス。ロングテール型のSEOは、実のところはポータルまでとは行かなくても通常のサイトでも内部SEOを意識したwebサイトをつくれば施策出来るのです。

筆者たちがロングテールを薦める本当の理由はネット集客における、これが最大のリスク回避方法だからです。

ベンチャーネットがプロジェクト達成に必要な戦略を提案します。
企業の収益確保を経営革新システムによりお手伝いします。

– お勧めサイト情報 –

株式会社ベンチャーネットの最新情報
URL:http://news.livedoor.com/article/detail/10035814/
株式会社ベンチャーネット

関連記事